皆さんお待たせしました♪
凄く時間をかけてレポを完成することが出来ました☆
オフ会とか一切なしの状態から書き始めたいと思います。
オフを含めると余計に長くなるのでそこはどうかご了承をm(_ _)m

開場は5:30。
開演が6時になってもなかなか入る事が出来ず、ようやく5分弱で会場内に入る事が出来た。

ドリンク代を払い、真っ先に椅子を確保。

閉門後、時間を惜しむようにアーティストが登場した。

暗闇の中、うっすらと姿が見えてきた。

久々に見た3人の姿が…。
3人といったら…?

それはZAQ!





ZAQZ


1.「恋うた」

ふと思ったんですが恋うたから始まるのは珍しいセトリですw

去年は淋雨から始まっていたんですがまぁ過去にこだわっても仕方ないのでw

2.「Krokos〜糸〜」

アコースティックバンドでアップテンポ系の曲です。
ノリになりそうな曲であってついついはまってしまいそうです。

南さんが笑顔で首カックカクで演奏したのが一番印象に残っていますww

3.「淋雨」
ZAQの真骨頂とも言える代表曲。
これを聞かずしてZAQはないと言われるほどの名曲。
コアなファンが多いのも事実。

私もこの曲が好きです。

〜MC〜

ZAQ「皆さんこんばんは〜☆」
悠「私達、ZAQです♪」

悠「私達を初めて見る方もいらっしゃいますが、自己紹介をします。」

悠「まずギターの南ちゃ〜ん!」

南「どうも初めまして。ギターを担当している南と申します。」

悠「続いてピアノの美紗子ちゃん!」

美紗子「皆さんこんばんは〜☆初めまして、ピアノを担当している美紗子と申します。」

悠「そしてボーカルの悠です♪」

悠「私達はですね、今年の7月に解散をした訳なんですけどやり残していたのがありまして。」
「解散ライブというのをまだしていない状態だったんですよね。」

南「そうですよねー。」

悠「そこで今年クリスタルライブの開催が決定して、200minという
長いライブというのを聞きまして…」

悠「そこを何度もしぶとくスタッフさんにお願いして、今日解散ライブをやる事が決定しました!」

観客「イェーイ!」

…これって普通に喜ぶか?(^^;

悠「では南さん、ファンに向けて一言お願いします。」

南「今年の7月に突然の解散で何の情報もなく
ファンの皆さんに対して大変申し訳なかったと思います。」

南「解散前は3人とも都合がつかなくなってなかなか練習する機会もありませんでした。」

「でも今、こうしてZAQという素晴らしいグループに出会えたからこそ
色々と学べたんじゃないかなと思っています。」

「今後の私の予定では表舞台にちょくちょく出るんじゃないかな?
と密かに企んでいます(笑」

会場「おっ!!」

南「あくまでも私の今後の予定は未(・∀・)定です☆」

会場爆笑www

出たーZAQ語録w

南「影の裏番長としてひっそりと企みますので(笑」

悠「続いては美紗子ちゃん!」

美紗子「公式でもBBSでも何もお伝えもなく突然の解散でファンの
皆さんに大変申し訳なかったと思います。」

悠「…」美紗子さんをじーっと見る悠。

美紗子「何かこの話してると悲しくなってくるんですけど。」

美紗子「ハルたんと南さんと出会えて凄く楽しかったグループだし、うぇっ・・グズ。」

美紗子「何か○▽※□#…」

美紗子さん何言ってるか全然分かりませんwww

悠「アハハッ」

美紗子「ヒックヒク…」

南さんもさすがにもらい泣き。

すみません…この辺は全然覚えていません^^;

申し訳ないです。

悠「そして私ですが…正直に言うとくどくなっちゃうんですよね。」

「私お喋りが下手くそなんですよね。だからいつもラジオの時や
このライブの時は南ちゃんや美紗子ちゃんに助けられているんですよね。」

「本当にこの2人に出会えてよかったと思います。」

解散メッセージは終了。

悠「そこで!私から一つお知らせがあります♪♪」

会場「ぉ!」

悠「私、半沢悠というんですよね」

南「そこからですか(笑」

悠「来年の4月に悠改めて半沢悠としてメジャーデビューが決定しました!!」

会場拍手喝采。

悠「所属会社はCAMエンターティメントといいます。
どうか皆さん私を応援していってください♪」

来年の4月にソロデビューが決定。皆さん悠さんを応援してくださいw
お勧めしますw

ソロデビュー発表が終わり…

悠「それではファンの皆さんの為に私達からこの歌を贈りたいと思います。それでは聴いて下さい。君へ…」

4.「君へ…」

切ないバラードで描かれている曲です。
私は感想を言うのが下手くそなので個人の意見に任せます。

5.「離さないで」

初めて聴きました。こういう曲もあったんだな〜ってしみじみ感じています。

6.「クリスマス?」

ZAQらしい締めの曲です。さぁ雪を降ら〜そ〜う♪
の部分が凄く好きな曲ですね。

ZAQの演奏は終了!

退場間際にZAQコールが。

3人はそれに答えて深々とお礼をし、「ありがとう」と言葉を残してステージを後にしました。

ZAQ…3年間お疲れ様でした!





MARIA


ZAQの演奏が終わり、スタッフは次のセッションへと準備を開始。

次はBON'Zかな〜と思っていましたが…。
数を数えてみたら1、2、3、4、5…って?

ま・さ・か…!

次はハードな人達がやってくる☆

ふと聞き覚えのあるメロディーが流れた。

MARIAの登場!

夏と同じようなあの振り付けがw

すぐさま楽器を持つ。

1.X'MARIA07'

去年と違ってよりハードな曲になったのは気のせいだろうか?滅茶苦茶激しいんですがww
舞衣ちんは恒例のベルを手に持ち演奏をする。

皆ヘッドバッキングしてるぜwww

〜ミニMC〜

愛華「皆さんこんばんは〜!!」

会場「こんばんっは〜!!!」凄いテンション高っ(゚Д゚;)

愛華「会場の皆盛り上がってるか〜!!」

会場「おぉー!」

愛華「まだまだ声が足りないなー。皆盛り上がってるか〜!」

会場「おぉー!!!」

これ舞衣ちんがいう台詞じゃねぇかwww

愛華「今年のクリスタルライブはなんか違う事やってみたいな〜っ
て思ってて色々と考えたのね。」

愛華「皆違う事に気付いてくれた?」

会場「分からなーい。」

愛華「実はSACCHIN。何とベースに挑戦しています!」

会場「おぉー!!!」

SACCHIN照れ笑い。

愛華「ギターをやっていたからベースを弾ける訳なんだけどね、
なかなか披露する事が出来なかったけれど今日、遂にお見せする事が出来ました♪♪」

会場「イェーイ!!」

愛華「という訳で皆さん最後まで盛り上がっていきましょー!!」

会場拍手喝采。

次は…まさかです。そうまさかです。あの曲がいきなりです(笑)

2.Girlz Talk♪♪

皆さんご存知の夏に行われた、まだCD化されていない新曲。
相変わらず愛華と舞衣ちん見るとやべぇ…www

あの衣装で舞衣ちんが「ダーリンダーリン♪」って歌った時は完全

撃(・∀・)沈w

舞衣ちん可愛い…(人′ω`*)

3.high×2 フライング☆

タオルの準備は良いですかー?
の合図がいつもかかる曲。

もしかしてずっとハードオンリー?

4.HEART☆BEAT

れいなのせっのー!の合図が基本ですねw
言わなくても分かると思う曲で、すぐに乗れました♪

5.小さな詩

小さな詩演奏後、バンドでも良くやるあのソロパート。

〜MC〜(メンバー紹介をしながらソロパート披露。)
メンバーの紹介をしながら自分の持ち味を披露していく。
TATTSU、れいな、SACCHIN、愛華、あゆか、そして舞衣子へと流れていく。

その後
舞衣子「…つぼみ」

痺れた…。あの舞衣子がクールに次の曲をコール。

6.つぼみ

これは意外でしたねーw
れいながバイオリンの代わりにキーボードで演奏していました。

7.あなたに…

今までハードだったのが遂に落ち着きバラードに。
やっぱり生で聞くといいですね☆

私は舞衣ちんとTATTSUに釘付けでした(何

8.あなたごしのイルミネーション07'

今や幻となった発表曲。
去年のあなイルとは違ってアレンジ化されていました。

〜MC〜

舞衣子「さきほど歌われていた曲はあなたごしのイルミネーションと言って、
去年の札幌ホワイトイルミネーションのコラボレートソングとして歌われていました。」

愛華「今年は何と河村隆一さんがコラボレートソングを歌う事になってて。素敵な方が歌うのって凄いよね。」

舞衣子「うん。凄いよね。」

愛華「さっき出ていたZAQ。本当に最高のライブでした♪」

舞衣子「ZAQのライブは〜楽屋で見てて泣きそうになったね。」

愛華「そうだねー。でも泣いたらステージに出るときおかしくなるからこらえた(笑」

舞衣子「次はBON'Z!BON'Zは曰く私の事務所の唯一男の子バンドだから私達にとっては華があるんだよね(笑」

愛華「9割が女の子で1割が男の子。その中でJIN君は周りが女の子
ばっかりで鼻の下伸ばしちゃってるんじゃないかと思ったけど、
BON'Z曰く肩身が狭いんだって(笑」

愛華「女の子の方は出来るだけ黄色い声援を送って下さいね♪」

舞衣子「男性の方でも…裏声を使って黄色い声援を送ってください(笑」

舞衣子「そして長瀬実夕!デビュー後の初のライブです!」

舞衣子「楽屋で実夕と話したんだけど実夕はねーすっごい緊張してるんだって(笑)」

「その時に実夕がヤバイ…ヤバイ…。って言ってた(笑)
緊張してて(後ろの頭を抑えながら)痛いんだって(笑)」

「ZONEの時から長い間一緒に活動していたから分かるんだけど、緊張していても顔に出ないんだよね。」

愛華「体に出ないの?」

舞衣子「そう!体に出ないの。舞衣子はね、緊張するとお腹が痛くなるのね。
実夕は本当に凄いよ。だからねー実夕みたいに体に出ないタイプになりたいな〜って(笑)」

舞衣子「近いうちに実夕みたいになりたいと思います!」

愛華「ここで宣言?!!良いの?言っちゃって?!」

舞衣子「うん。多分(笑)」

舞衣子「今年を振り返ってみて愛華はどんな1年だった?」

愛華「去年は思う通りにやりたい事が上手く出来なくなったけど、
今年はすっごく楽しくて、それにファンに凄く支えられた1年だったと思う。」

舞衣子「舞衣子から見ると愛華は去年はまっすぐしか見えていなくて周りを見ていなかったのね。
それにデビューしてすぐのライブだったから。」

「でも今年は色んな事に挑戦して愛華は凄く成長したと思うよ。」

愛華はガッツポーズ。

舞衣子「そろそろ後半戦に突入していい?」

愛華「ちょっと待った〜!」

愛華「ここで!愛華のお知らせコーナー♪」

会場「オォー!」

やっぱりきたか(笑

愛華「来年の2月6日にシングルリリースが決定しましたー!」

会場拍手喝采。

愛華「タイトルはゆらりおうぞら…っていうんだけどね、おうぞらを桜空って書くのね。
MARIA初のミディアムバラードとなっていますのでぜひ皆さん2月を楽しみに待っててくださいね♪」
「カップリングにね、来年の3月に愛華とれいなは高校を卒業するから、
卒業の曲って何だろう?って事になったんだけど、色々と考えた結果全員一致で全員が○○となりました!」

○○の所はワーって叫んでタイトルを伏せていました^^

「その曲をMARIA流にアレンジして収録してあるのでぜひ、そちらも楽しみに待っててください!」

会場沸騰!

愛華「何かこんな感じで言っていくと新曲歌うみたいな感じなんだけど…この曲は卒業をテーマにした曲っしょ?!
今日はテーマがクリスマスっしょ?!雰囲気ガラっと変わっちゃうでしょ?
だから合わないからもったいぶって今日はやりませーん」

会場「え〜!!」

愛華「そして3月にはDVDを発売します!」

舞衣子「今年の夏のツアーで東京の渋谷O-EASTでやったライブの模様を収録するんだけど、
各地で撮ったオフショットも収録されるから、楽しみにしててくださいね♪」

舞衣子「そしてそしてそして…春ツアーを行います!」

ダンダダダダダダダダジャーン!(ドラム

舞衣子「その名も『WE ARE MARIA SPRING TOUR 2008〜(せーの!)
おれら全員社会人!!!!!!〜」

愛華「こんな感じでねーもうMARIAスケジュールは決まってるから、絶対ついてきてね!!」

いよいよ終盤へ…

9.h@ッちゃけ

ここから怒涛のラッシュが来ましたw
体力使い果たすまでMARIAは演奏を止めません(爆

10.MABUDACHI

この曲だけは…一番つらいかもしれません。
何故なら…腕をずっと挙げっぱなしですから。

さすがに私もきつくなったので少し休みながら腕を振ろうかなぁと思ったとき…。

あゆか「あっ…」

(∀`;)「げっ…」

あゆかと目線があってしまったwww

あゆか「ニコニコッ…」

(∀`;)「ふ、振ろうかな…」と振ってみたら

あゆか「うんうん♪♪」とうなずきながら熱唱。

(∀`;)「はめられたー!!!」

おかげで腕がもう上がりませんorz

どんだけー!!w

11.JUMP

MABUDACHIだけでもつらいのにこの曲が来たら余計にw
まさに手加減なしですw

12.HEY×02 ブン×02

MARIA演奏終了!





BON'Z


MARIAの演奏が終わり、大量の楽器を移動させるスタッフ。

あの人数だから運ぶのも大変だね(^^;

次は長瀬実夕か?BON'Zか?

そうした時間が過ぎていく中、準備が整い始めた。

数を数えてみると…1、2、3、4、5…。

と…これはもうBON'Zしかいない!

が…黄色い声援が鳴り止まないwww

女性「JINくぅーん♪♪」

とある男性「SYUNYAー」

えwwww
本当に裏声で言ってるww

緩やかに照明があがり、うっすらと見えたのは・・・JIN。赤いセーターを着ていました。

1.ありがとう〜

定番になりつつある曲ですね。
対バンライブで気になっていた曲です。

〜MC〜

JIN「皆さんこんばんは〜!」

会場「おぉー!」

JINは凄い反応にびっくりw

JIN「皆さん、調子はどうですかー!」

会場「おぉー!」

JINも思わず笑うw

JIN「遂に…遂にこの日がやってきました!今日という日が。
クリスタルライブは僕達にとっては一番力を発揮する最高の場所ですね。」

「先ほどのZAQさん、MARIAさん…本っ当に素晴らしいライブでした。ですが…俺達も負けられません!」
「男だし、シングルは4枚出しているって事なので。」
「この後は・・・超大物のあの女…」

あの女wwwwwwwwwwww
JIN君やってくれたましたwww

相変わらず黄色い声援は止まない(爆

が、とどめの声援が(爆死

「俺達じゃ駄目なのかー!?」

ちょっとそれはwwww

さすがにJINも呆れる(笑)

JIN「・・・・・楽しいですか?w」

会場「イェーイ!」

JIN「僕ら男女比の差で肩身が狭いですがやる時はやりますから!
ついてるもんはついてますからー!」

下ネタwwwwww
しかも女性が半々いる中で下ネタは…やるね…JIN君(何

JIN「続いてやる曲は僕達が昔から凄く大切にしている曲です。」
「それでは聞いて下さい。I miss you,I love you。」

2.I miss you,I love you

これも対バンで歌われていた曲です。
BON'Zファンなら是非聞いてみると良いでしょう♪

3.この空の下で

JIN「メリークリスマース!…メリークリスマース!…」と4回熱唱し、ふと聞き慣れた曲が。

ジャンジャジャジャジャーン♪
のメロディで始まる曲といえば…この空の下。

ちょっとアレンジっぽくされたのは気のせいなのかな…?

この曲は正直、女の子がメロメロにされる曲です(ぇ

4.Something

JINが「…Something」と初めからクールに決める場面が印象に残る曲です。

ファンから愛されている曲ですねw

〜MC〜
JIN「いや〜ありがとうございます。この後もまだまだライブがありますのでどうか最後まで聞いていって下さい!!」
「それでは最後に…僕達からのメッセージです。」

5.十二音階

初めて聞きました。
好きになりかけている曲です(何
CD化されないのかな…。

BON'Z演奏終了!

この後はあの女…(ぉぃ








BON'Zの演奏が終わり、残る1組。

大トリの長瀬実夕が待ち構えている…。

誰もが待ち望んでいた彼女の歌声を聞きに遠くから足を運びに来た方もいるだろう。

闇の中にバックバンドの姿が。

そして左から出てきた前髪を切った髪の長い女性。

運命の幕が開ける…。

1.Key〜夢から覚めて〜

再デビュー曲をバックバンド込みで聞くのは今回が初めてです。

生で聞くのは良いですね☆

2.free

この曲が好きな方は結構多いみたいですね。
サビの部分でノリノリになる方がちらほら見えました。

3.GAME

演出が凄い一言でした。
フラッシュをいかに有効に使われていたのが分かります。
それにしてもバックバンドは凄い…。

演奏後、深々と挨拶をする。

〜MC〜

実夕「皆さんこんばんは〜!長瀬実夕です!」

会場拍手喝采。

実夕「さっきBON'ZとかMARIAの皆さんが楽屋から帰って来て皆の状態とかどう?って聞いたんですよね。」

「そしたら…良いよ!」
「という言葉が返ってきました(笑」

会場「イェーイ!」

実夕「まだ元気があるみたいですね(笑)
さっき楽屋でモニターを見ていたんですが、皆さん大丈夫ですか?」

会場「大丈夫だよー!」

実夕「あっそうですか?(笑)モニターを見ていたんですけど、
後ろの方がMARIAの演奏とかでどんどん疲れが見えてきたみたいでしたけど(笑)疲れてませんか?」

後ろにいた観客「大丈夫でーす!」

実夕「あっ大丈夫ですか。アハハハッ!」
「ところでクリスタルライブに来られた方は道内とか多いと思うんですが、道外もいらっしゃるんですよね?」

会場「はーい。」

実夕「そこでちょっと質問をしたいんですが、まず…道内の方ー。」

会場は半分ほどの挙手。

実夕「では道外の方ー」

( ゚Д゚)ノ「はーい」

実夕「あ、随分多いみたいですね。結構遠くから来ている方もいらっしゃるかと思い…」

と、会話に紛れ込んだファンが「佐賀ー!」

マジですか?wwwww
佐賀って一番遠い所www

実夕「え!佐賀からいらっしゃたんですか?!でも思っていたより道内と道外は半々ーって感じでしたね(笑)」

実夕は驚きと緊張でテンションが高まっています(爆

実夕「まだまだライブは続きますのでどうか皆さん楽しんでいきましょー♪♪」

4.with U

初見ですw
サビに入った途端MABUDACHIのような?振り付けをしていたのですぐに合わせました(笑)
ここで実夕と何回も目線が合うという勘違い発生(爆

えぇ…with Uも良いな〜って感じる曲でした。

with U演奏終了後深々とお辞儀をする。

ライトが実夕に当たり、実夕はある台詞を言う。

実夕「あなたにとって大切な物は何ですか…?大切な人に上手く伝える事は出来ますか・・・?」

5.素直になれず

これまで激しい曲とは異なりバラードへと浸透する。
手拍子もなく、ただ静かに聞くのみ。
この雰囲気に慣れてきたのは気のせいだろうか?

〜MC〜

実夕「次に歌う曲なんですが、来年の2月にリリースされる曲で」

会場「おぉっ!」

実夕「今、ここで新曲を披露したいと思います!この曲はですね、大人の愛という実夕自身初めて手掛ける曲ですね。
それでは聞いて下さい。Rose。」

会場拍手喝采。

6.Rose

カオス漂うような曲です(爆
説明が難しいので発売までお待ちを^^;

Rose演奏終了後…

実夕「え〜カップリングの方なんですが、今、曲を選んでいる途中なので…
レコーディングを通しながら来年に向けて励んでいきたいと思います!」

「ところで…私がブログをやっているのを知っていますか?ブログを見ている方ー?」

会場は大勢の挙手。

実夕「ではこの中で会員登録をしている方ー。」

会場は2割減w

実夕「あ、さっきより若干減りましたね〜(笑)」
「で、このブログ、3日坊主と言われた私がなんと連続日記更新をしています。」

会場拍手喝采。

実夕「あ、ありがとうございますー。始めたのは再デビューの頃ですから…
丁度5ヶ月ぐらいですかね?まぁ5ヶ月弱ぐらいです。」
「周りから3日坊主と言われた私がですね、こうしてブログを続けているのは
自分自身がちょっとは変われたかなーと思っています。」

会場再び拍手喝采。

実夕も思わず笑顔がこぼれる。

実夕「そうそう、クリスタルライブ専用のブログをご存知ですか?」

会場「知ってる〜。」

実夕「あ、結構いるんですね(笑)そのブログでクリスマスの曲といったら何?というアンケートを取らせていただいたんですが。」

「その中であ、クリスマスにへぇ〜こういう曲もアリなんだな〜って意外な曲があったので。」
「今日はその曲を久し振りに歌いたいと思います。」

「少し緊張してます。…緊張してます。」

後ろにあったペットボトルを取りいつもより多めの水分補給。

ドラム「1.2.3.4!」

え…もしかしてこの曲は…。

7.白い花(ロックVer.)

…突然の曲で思わず困惑しましたが…。
何故か自然と涙が溢れ出してきました…。

まるで…武道館の時のMIYUとリンクし、今の長瀬実夕とダブって見えたんです。

こうして彼女は舞台に戻ってきた。

皆さんは覚えているでしょうか?
MARIAのBBSの件の事です。

CDTVで解散してもう1回聞きたいアーティストでZONEが1位に輝いた事です。

それを見たファンはMARIAのBBSに執拗にZONE復帰という書き込みを見た事があります。

それにさすがにれいなも耐えられずに怒りをあらわにしたブログを書いてしまいました。

えぇ…立場をわきまえない輩のせいですよ。

そのおかげでずっとZONEを応援していく!という私の強い思いは一気に冷めていき、気付けばZONEを聞かなくなっていた。

ですが…実夕は冷めた思いを熱くさせてくれた。

言葉に出来ないけど…封印していたZONEの魂が蘇ってきた。

聞けば聞くほど涙で溢れていき、

「ハハハッ…なんで俺泣いてるんだろう…。」

拭っても拭いきれない大量の涙。

気付けば白い花は終わっていた。

実夕「続いての曲は私の一番好きな曲です。」

8.glory colors〜風のトビラ〜

アコギで始まったあの曲。
ただでさえ涙が止まない状況でダブルパンチを食らっています。

どんだけ泣かせば済むんですかwwww

ところが…
?「見知ら〜ぬ〜」

えーーーーーー!!!!!!w

まさかです。そう…あの…舞衣子が登場しました。

夢のようなコラボ。

3年振りに一緒に歌う実夕と舞衣子。

この場面を見た私達は涙する方もちらほら見えただろう。

目を閉じながら音を探り、コーラスをする舞衣子。
実夕はZONEを彷彿させるあのメロディーが。

終盤の
「あーざーやかに〜♪」の部分。

もう涙でいっぱいでした。

〜MC〜

実夕「特別ゲスト舞衣子さんで〜す♪」
舞衣子「どもー☆舞衣子です♪」

実夕「皆さんいかがでしたかー?」

会場「最高ーーーー!」

実夕「何かいきなりだったんですけどね。でもこうして2人が同じ舞台に立てるのは武道館以来だから…3年振りですよね。」

舞衣子「そうですねー。」

実夕「いやー緊張した。」
舞衣子「緊張したねー。」

実夕「これは私の方から一方的にお願いをした訳なんですけどね。それが確か・・・。4日、5日前だったんですよね。」

舞衣子「実夕から話が来た時はすっごい嬉しかった!」
「でもね。その時はMARIAは新曲の撮影で東京に行ってて…。」

「実夕にも会えないし…え!どうしよう!ってなってて。これはヤバイ!何とかしないと!ってね。」

舞衣子「しょうがないからSONYのスタッフさんにお願いして、ZONEのベスト盤Eを借りたの。」

実夕「え?!CD借りたの?w」

舞衣子「だって舞衣子、CD持ってない状態だったの。ウォークマンとかなくて。
それでベスト盤を借りて1人で部屋で聞いていたのさ。」

舞衣子「で…ファンに何か申し訳ないんだけど、自然と封印してたのね。」
「自然とZONEを封印してた。このベスト盤を聞いてて無意識のうちに封印してたんだなぁって。」

舞衣子「で、そのE?を開いてみたら懐っかしい〜のね♪実夕が小学6年の写真とかあるんだよ?w」

実夕「あれ?そうなの?」

会場爆笑w

舞衣子「その時は舞衣子は中学2年でね。こうしてやっと実夕からの話をもらって向き合えるようになったんだなーって。」

実夕「まぁ・・近いうちに実夕はCDを開けて家で復習しておきます(笑」

実夕「ところで舞衣ちんは今年はどんなツアーだった?」

舞衣子「そうだね〜。去年は前に突っ走っていくような感じのツアーだったから、今年は去年より良い感じのツアーだったよ。」

「ファンの方にも沢山支えられたし、スタッフさんとか家族とかね。凄く皆に愛されているんだな〜って思った。」
「そのおかげで身も心も強くなった1年だった。」

舞衣子「実夕の方はどうだったの?」

実夕「実夕は今年の10月に再デビューという事で不安とか沢山あったんだけど、ブログとかで日記を毎日更新して・・・」

「活動地点を東京にして、全国を回ってイベントとかやりこなして行ったんですね。」

「その時は沢山のファンの方が支えてくれていて。助けられた年だったな〜って思います。」

舞衣子「そういえば実夕は来年の2月にシングルをリリースするんだよね?」

実夕「あ、そうですね。」

舞衣子「MARIAが2月の6日で…実夕は1週間後に。」

実夕「MARIAが出した後に実夕が出すという感じですね(笑」

舞衣子&実夕「この中で来年2月のシングルを両方買う方はいますかー?」

会場大勢の挙手。

舞衣子&実夕「あ、いるみたいですね(笑)是非!両方買ってくださいねー♪」

会場「オォー!」

実夕「別に脅迫じゃないんで〜(笑)ハハハッ無理して買わなくても良いですよ(笑)」

と、2人の来年の抱負や今年の振り返りというMCでした。

9.サンタが街にやってくる

この後は長瀬実夕含むこれまでの出演者と共にサンタが街にやってくるを熱唱。

最初に登場したのがMARIAで、その後にBON'Z、最後にZAQという流れで最後は一緒に手を組み深くお辞儀ー!

以上でクリスタルライブは終了!